Skip to main content

沿革

眼科における業績の記録

Johnson & Johnson Vision は30年以上にわたり、眼科業界で革新を起こしてきました。現在は将来を見据えて、視機能の向上と視力の回復における革新の道筋を切り開き続けています。

初の米国製超音波水晶体乳化吸引システムの開発から始まり、初のLASIKフラップ形成用フェムトセカンド レーザーを始めとする幅広いカスタムLASIK機能の導入、およびコンタクトレンズ ケア ソリューションに至るまで、米国エイエムオー社はこの30年の間に視力矯正手術と眼科の限界を押し広げ、患者さんおよび当社製品を使用する医師の生活を向上してきました。

Timeline

脚注

*米国のStellaris Vision Enhancement SystemとInfiniti Vision Systemで公開されている2016年4月時点のソースに基づく。

*特に、地域の特定の無い上記の製品上市についての記述は、米国市場を指す

参考資料

  1. Trokel, SL. Commercial ophthalmic YAG lasers(商用眼科YAGレーザー). YAG Laser Ophthalmic Microsurgery(YAGレーザーによる眼科顕微外科手術). ed. Trokel, SL. 181-192, Appleton-Century-Crofts, Norwalk, Connecticut, 1983.

PP2018OTH4438