エイエムオー・ジャパンについてトップメッセージ

エイエムオーは、1976年に米国にて設立され、眼科用医療機器のグローバルリーダーとして、革新的な製品やサービスを提供してきました。2017年よりジョンソン・エンド・ジョンソンの一員となり、白内障手術、レーザー屈折矯正など眼科手術用領域を担っています。
長年にわたり、患者様の視力および視機能向上のための技術革新に取り組んでおり、高品質な製品やサービスの提供をはじめ、啓発活動などを通じて、患者様、医療従事者の方々をサポートしています。

白内障は、加齢に伴い症状が発生しますが、80歳以上ではすべての人に何らかの症状がみられるといわれています。人口の高齢化が急速に進む日本では、白内障の患者数は年々増加しており、その治療ニーズは非常に高く、白内障治療用眼内レンズも人々の目の状態や多様なライフスタイルに合わせて進化しています。当社では、単焦点眼内レンズ、乱視用眼内レンズをはじめ、近年では多焦点眼内レンズが加わり、多様な見え方の選択肢を提供しています。

人生100年時代において、よりよく見える喜びを感じていただけるよう、一人ひとりの視覚のニーズに寄り添った製品をお届けしてまいります。そして革新的なイノベーションを結集し、“眼科手術領域のリーディングカンパニー”として、これからも人々の「クオリティ・オブ・ビジョン」の向上に貢献してまいります。

 

代表取締役社長
岩重恵子

 

Web202104