Skip to main content

テクニス® ワンピースIOL

システム ファミリー シンプルな移植と最適な制御。 もっと見る

product photo

顧客サポート

担当者に連絡するか、デモをスケジュールしてください。

FOOTNOTES

**超音波生体測定で算出した理論上のA定数。

†光生体測定のワンピースIOLプラットフォームの臨床評価結果から算出。

REFERENCES

  1. 社内資料:Johnson & Johnson Surgical Vision, Inc.、2015年。
  2. テクニス®折りたたみ型後房眼内レンズ[米国添付文書]。Santa Ana, Calif; Johnson & Johnson Surgical Vision, Inc.
  3. 社内資料:Johnson & Johnson Surgical Vision, Inc.、2015年。ファイルのデータ:Johnson & Johnson Surgical Vision, Inc.、2015年。
  4. Nagata M、Matsushima H、Mukai K、Terauchi W、Senoo T、Wada H、Yoshida S。Clinical evaluation of the transparency of hydrophobic acrylic intraocular lens optics(疎水性アクリル眼内レンズオプティクスの透明度の臨床評価)。JCRS。 2010年12月;36(12):2056-60。
  5. Van der Mooren M、Franssen L、Piers P。Effects of glistenings in intraocular lenses(眼内レンズのグリスニングの影響)。 Biomed Opt Express。 2013年7月11日;4(8):1294-304。
  6. Nixon DR。New technologies for premium outcomes: next generation phaco and TECNIS® 1-Piece IOL(高品質な成果のための新しいテクノロジー:次世代フェイコとテクニス® ワンピースIOL)。第25回ESCRS会議にて発表、2007年9月8日~12日、ストックホルム(スウェーデン)。
  7. Kugelberg M、Wejde G、Jayaram H、Zetterström C。Posterior capsule opacification after implantation of a hydrophilic or a hydrophobic acrylic intraocular lens: one-year follow up(親水性または疎水性アクリル眼内レンズ移植後の後嚢混濁:1年間追跡)。 JCRS。 2006;32(10):1627–1631.

PP2018OTH4438